9年前の12/18

  • 2014.12.18 Thursday
  • 03:07
娘の20歳の誕生日でした。
この日、名古屋でも25cmの大雪雪
当時人生初のアルバイトで悪戦苦闘の毎日でしたが、
冬生まれの娘は雪が大好きで、
雪の誕生日を望んだとおり、記憶に残るプレゼントに(笑)プレゼント
その後1週間の間に又積雪があり、雪の女王の称号を贈ったものです。

そして9年後の12/18
雪の女王にふさわしくまたしても積雪。
9年前はまだ降り出していなかった午前3時の今、
すでに10cm近く積もっています。てれちゃう

午後9時過ぎに彼氏のところに出掛けるまでは青空だったのに。
家を出て行って間もなく振り出しましたからどんっ
雪の女王の実力、恐るべしです。

9年間・・・
いろんな事がありましたね。
バイトに振り回されていた泣き虫さんも、
今や勤続6年のベテランに。
こと仕事に関しては、頼もしくなりました。

そして、我が家で過ごす誕生日は恐らく今日が最後になりそうです。
(まぁ、今も留守ですが)
最近では、週の2.3日はお泊り状態。
今夜は帰って来るらしいので、なにかしてあげようかな・・・ぴかぴか
Happy Birthday ! ! !

 

老いと音楽

  • 2013.11.25 Monday
  • 05:30
NHKで認知症の特集を観た。
老後に認知症を発症する人の割合が増え続けているらしく、
50代も後半になった私にとっては、それなりに現実味を感じる話題。

ケアマネなど行政の老人福祉担当者は、
老人の生活の質を維持する為と頻繁に家庭を訪問し、
ヘルパーの派遣や最終的には老人施設への入所を勧めて来る。

それに対して当事者は、
夫婦二人暮らしでどちらかが認知症、一人暮らしの人、
環境はそれぞれ違っても、
出来る限り自宅での生活を続たいと、なかなか勧めに応じない。

区役所などから入れ替わり立ち代わり、
複数の見知らぬ人間にやって来られては、
今の自分の歳でもあまりいい印象は持てないな。
老人と会話するのに言葉は選んでいても、
しょせん”仕事”、上から目線で心が篭っていない気がしてしまう。
そんな風に感じる私自身が、もう既にアブナイのかもしれないけど(苦笑)
30才前後、自分の孫位の公務員の話し振りを聞かされたら、
物事の判断が鈍ってどう対応していいか判らない老人が、
頑なになるのも無理は無いんじゃないの?

そんな意固地な人たちがふっと優しく素直な表情をする時に、
決まって音楽があった。
70代一人暮らしの男性は、
昔好きだったカラオケのマイクを手に会社員の頃を回想し、
認知症が進みケアマネに怒りをぶつける女性は、
亡くなったご主人愛用のギターを大切にしていた。
若い頃ご主人のギターで歌った思い出。
(彼のギターは歌を上手くリードしてくれたそうです。青春じゃないですか。)
そして、彼女自身も軽くコードを弾きながら、
思い出の曲を小さな声で聴かせてくれた。素敵だったな。
認知症で人生の終点に近づいている人が、一瞬輝きを取り戻す。
音楽の力はすごいね。

いわゆる”まだら呆け”というのか、昔の事はしっかりと覚えていても、
毎日の食事や通院など一人での生活が困難になって来ると、
行政は少しでも早く施設に入所させようと。
まあ確かにそれが正解なのかも知れないけど、
それってなんか本人の気持ちを後回しにしている気がする。
ギターを大事にしていた女性もその後施設に入り、賃貸住宅を退去。
ご主人の形見のギターも家財道具と一緒に処分された様・・・
仕方ないとは言え、切ないシーンだった。


今も音楽によってパワーをもらっている私。
つい先日も東京で2日間のRock三昧をして来たし、
まだまだ現役でメタルサインをするつもり。
認知症になる気はさらさら無いけど、これだけは分からないしね。
まだ先の事と言いながら、複雑な思いで観終わった特集でした。

みたび 学生に

  • 2013.10.07 Monday
  • 16:37
 娘が三度学生に戻ることを決めた。
と言っても、今回は仕事を続けながらの通信教育。
京都造形大学で今春から始まったWEBのみで卒業できるコースに
3年次編入することに。
学費もかなりお安いのです。


数年前から、携帯ショップでの激務をこなしながら、
(毎晩23時過ぎ帰宅の時期もありました)
覚王山アパートで個展をやったり、
東京ビッグサイトでのデザフェスに出店したり。
出店会場では、
ネットショップでの販売委託の声を掛けて貰った事もあったけど。


拘束時間の長いショップ勤務の傍ら、
イベントの会期にあわせて作品作りを間に合わせるのはかなり負担が大きくて、
もともとタフな人じゃないし、昨秋はヨレヨレでした。
制作を優先するなら、もっと時間の短い仕事に替わるのが良いとは判っていても、
現在はとても人間関係の良くなった職場を辞める気にもなれず。
最終的には、来月また出品予定だったビッグサイトを諦めたのが切っ掛けで、
仕事を続けながら制作のモチベーションを無くさない為に、
今やれることは通信かな・・・
と結論に至ったようです。


8年前AO入試ですんなり入った最初のコースに適応できず(苦笑)、
退学から半年後、コースを変更してのキャンパス復帰がありました。
このときは高い学費の事もダンナに気が引けたし、
「今度はちゃんと卒業まで続けてくれるのか」と
ある意味、ギャンブルでしたよ(苦笑)
その時の不安を昨晩笑いながら本人に話し、
『今度は自分のお金だからご自由に〜』 (爆)


娘は、10代から20代前半、随分とふり幅の大きい年月が続きました。
その間、いろいろなアドバイスもしてきましたが、
結局は自分自身の経験を積み重ねて、
少しは成長して来たんでしょうね。
かつて、無いものねだりを言い募る娘に対し、
「いま出来る事を考えようよ」とよく言ったものですが、
今回、現状での最善策を考えてくれた事が嬉しかったんです。

漂っています

  • 2013.05.08 Wednesday
  • 23:15

 5/5 の La' cryma Christi AXライブに行ってきました。

その後、何も書かず既に3日も経っていますが。

なんか文字にしてしまうと、夢が終わってしまう様な

そんな気がして、

仕事に戻って2日経った今もまだ、

渋谷の雑踏や、

初夏の風が新緑を揺らすAX前や、

2階席最前真正面から観るSHUSE・・・・

忘れたくない映像がいろいろと脳内で巻き戻され漂っています。


はっきり言って、15年間に観たLCライブの中で1,2の満足度かも。

やっぱりまだ言葉にしたくはないなぁ・・・

進化しようよ

  • 2013.04.28 Sunday
  • 16:52

 「our generation」 トップページのテキストを変えてみた。

昨春のラクリマ15周年記念ライブ告知のままだったから、

1年以上放置状態(笑)

そして、今回変更した内容も、同じくライブ告知でした。

DVD BOXの発売に続き、

また5人のパフォーマンスが観れるのはうれしい事だけど、

解散後それぞれに活動してきて得たものを、

再び持ち寄って「今」の La'cryma Christi の音を聴かせて欲しい、

と思うのは贅沢でしょうかね。

確かに、昨年のライブでもHIROギターが以前に増してカッコよかったり、

進化を感じる部分は有ったけど、

出来る事なら、新しいラクリマ、

今だからこそ生み出せるラクリマの『新曲』が聴きたいんですが。

これは、夢のまた夢でしょうか。


------------------------------------------------------------------------


トップページ編集のため久し振りに「FTPサーバー」の画面開いたら、
アカウントやらページのファイル名やら忘れてて、
思い出すまでちょっと時間かかっちゃった(苦笑)
やっぱり定期的に触らなきゃダメだな・・・

でも、イラレやHTMLの基本だったり、
ショートカットキ−の多用だったり、
前々職で学んだ事は、今もHP作りで役立っているし、

前職では苦手のEXCELも少しは進歩したし、
(ピボット・テーブルまでは理解した)

現職ではこれまた苦手なマクロも、
簡単な式は大丈夫になった(笑)


年を重ねても、学んで出来る事が増えていくのはうれしい。
まだまだ進化できるかな・・・

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM