思い出

  • 2015.09.03 Thursday
  • 03:04
The Chemical Brothers の新譜 Wide Open を聴いてます。
久し振りにヘビロテ曲に出会いました。
低く流れているリズムが鉄道の線路をイメージさせて、
10年くらい前の彼らの曲(タイトル失念、あひゃ)
うちら親子が「世界の車窓から」と呼んでいたPVの曲と雰囲気が似ている。
こんな真夜中でもボリュームを絞って、むしろその方がいい感じの曲です。
心地よい列車の揺れを感じられるようでエンドレスしてます。

娘の彼が10月から本社勤務に決まりまして、
慌ただしく都内の新居探しやら、
娘自身の仕事探しやら、
月に数回東京に行ったり来たりの日々です。
昨日やっと彼のご両親にご挨拶させて戴いたようです。
私も今月末の引越しの際にお会いできるかなと・・

3月末に彼との同居の為家を出てからも、
月に1・2度は娘とデートして、
美味しいものを食べたり、美術展に行ったりしましたが、
もうそれも無理ですね。
本音ではあと数年名古屋勤務でも良いのにと、
都合のいい期待をしていましたが・・・(苦笑)
この半年、毎日娘のお世話をする必要はなく、
時々会って数時間一緒に過ごすっていう、
ある意味平和ないい関係だったので。
振り返ってみると半年の間に思い出の積み増しをしていたのかな。

約30年いろんな思い出があります。
今日夕方LINEでいきなりロダンの「地獄門」の写真を送ってきました。
え??上野???
そう言えば・・・先週東京へ行った際「パンダ観たい〜」って言ってたっけ。
小さい頃は本当にパンダが好きで、
上野動物園にも数回行きましたねぇ。
一回は動物園手前のこども遊園地に捕まって(笑)
なかなか本命のパンダに行ってくれなかった事も。
その話を私が何度もしていたんだろうな。
「懐かしの」と言いつつ地獄門の次に送ってきたのは、
こども遊園地の写真でした。
ほんとうに覚えてるんだろうか??
恐らく私から聞いた話での追体験?
それならと、当時写真を撮ったコンクリート製のパンダ像も有るか聞いてみた。
帰ってきたのは「あぁ有ったけど、写真撮り忘れた」そうな。
なんだ・・せっかく思い出に浸りたかったのに。
こんな風に現在と30年近く前の思い出が、
LINEを通して行ったり来たり。

これからは名古屋での思い出はそんなに増えないだろうけれど、
その代りと言っては何ですが、
東京にちょくちょく押し掛けては共通の趣味である建築物を観て歩きたいですな。
もう、既に予告編は流してあります。
2年前に一人で行った「ニコライ堂」とか・・
その時も次回は娘と一緒に来たいと思ってたけど、
まさか、結婚して東京住みになる彼女と行くことになるとは。
人生って分らないものですね。
これからは、海老蔵プラス娘とのデートのためにも、
仕事して新幹線代を捻り出す所存であります。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM