もの思う還暦

  • 2015.03.23 Monday
  • 03:17
あと1日で誕生日を迎える。
60歳・・・
そして2日後、遂に娘が彼と暮らすため家を出ていく。
新人研修でやって来た彼の本社への転勤が遅れたお蔭で、
新生活のスタートが名古屋で始まるのはちょっと有り難いけど。
おそらく年内には彼と東京に行ってしまう。

私自身30歳目前で結婚し、すぐに娘が出来た。
60年の人生の半分を独身で過ごし、
後半30年はまさに娘と一緒だった。
小学校高学年になっても一人でお稽古にも行けない位の怖がりさんも、
10年ほど前からは勝手にライブ遠征に行くようになったけど、
それでも帰ってくる場所は私の待っている家だった。
もうこれからは、娘の帰る場所は彼の許になると思うと寂しい。

29歳で結婚した私の様に、
娘の婚期もその頃かなと、
相手もいない時から漠然とは思っていた。
ただ相手も地元の人だろうと。
結婚後も頻繁に行き来が出来ると。
ごく自然に思っていた。
まさか、うちの娘が東京に、
更には今後も転勤の可能性のある暮らしになるなんて。
夢にも思っていなかった。

結婚前提で彼を紹介された昨夏以来、
地元の夏祭りなど娘とよく行った場所や行事に出会う度、
もう一緒に行く事は無いんだなと寂しさが少しずつ増えてきて、
最近では家でのたわいない会話さえも大切に思えてくる。

小学校から短大まで、とにかく色々有った。
始めは彼女の心を量りかねてお互いに回り道の連続だった。
ラクリマに出会い、二人で同じものを追いかけていく内に、
SHUSEという共通の話題で少しずついい感じになって行った。
(と私は思っている)
はたちを少し過ぎた頃からは、
まあ仕事もなんとかこなしつつ、
親子の関係も落ち着いてきた。
年相応という事もあるだろうけど(苦笑)

予想外の結婚にはなったけれど、
かなり生活パターンが近い二人だから、
きっと気持ちよく暮らしていけるんじゃないかと思う。

寂しさはかなり大きいけど、
まぁ、わたしもなんとかやってみるわ。
取り敢えずはまだ部屋の整理も膨大に残っているから、
週一で来させる作戦を実施予定。
ゆるゆると慣れていかないとね。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM