円満退社

  • 2010.05.30 Sunday
  • 18:01
 先週木曜日に円満退社が決まりました

先回のブログを書いた後、退社の意思を固めたのですが、
月曜からずっと話を切り出しかね、
仕事自体のプレッシャーも加わって出勤時の苦痛も日増しに酷くなっていました。

引越し後の事務所はBottom Lineのある今池でバス乗り換えなんだけど、
降りずに終点の千種駅まで行っちゃいたい。
更に千種から中央線に乗って、フラッとどこかに行ってしまいたい。
でも実際にはちゃんとバスを乗り換えて、重い足取りで出社。
こんな感じで数日が過ぎました。
木曜の朝には「仕事中いつ泣き出すかも知れない」
そんなふうに感じる、切羽詰った状態でした。

「もう限界」という私の気分が伝わったんでしょうか。
木曜の終業後上司から呼ばれ、
今しかチャンスは無いと、自分から話を切り出しました。

”今まで色々な仕事をやらせてもらい、遣り甲斐も有ったけど、
この1年くらい精神的パワーが追いつかなくなった”
と、そんな事を話し、
上司からも「新しい仕事でも毎回ちゃんとこなしてくれたし」
と認めてもらっている旨の言葉を貰いました。

以前から私が感じていた「この職場は攻めの姿勢でないとやって行けない」
という言葉にも同感してくれましたし。

私自身も「仕事について行けなくて辞める」訳じゃないし、
色々と達成感も味わう事が出来た職場なんで、
少しは自分に付いた自信をお土産に貰っていこうかと思います。

最初はね・・・
退社を引き止められないように仮病とか引越しとか・・・
話を切り出すまでは退社の口実をアレコレ考えていたのです。

でも実際には姑息な手を使わずに、
私の本当の気持ちを伝えて理解してもらえたのが本当に嬉しかった。

現実には次の就活も待っているし、浮かれている場合ではないのでしょうけれど(苦笑)
すっかり気持ちが軽くなった事は確かです。

さぁて、職探し頑張るぞ〜〜
コメント
おつかれさまでした。円満退社、よかったですね。
という我が家も名古屋に出ていた長女が6月末で会社を辞めてこちらに帰ってきます。
ま、いろいろあって。
帰ってきたところで仕事がある訳じゃなし。
前途多難ですが、なるようになる。
そう思って娘の里帰りを迎えようと思っています。
  • ばうん
  • 2010/06/05 9:13 PM
>>ばうんたん

退社が決まってからわずか1週間。
金曜日が最後でした。
会社側も財政難から利益率の悪い私を何とかしたいと思っていたらしく、お互いに利害が一致したんですが(苦笑)
それにしても、引継ぎ期間短過ぎ。
私はせめてあと1ヶ月居る積りだったのに。
そんなこんなで、あとに残ったお方々もてんやわんやですわ。
私は知〜〜らないっと。
と言いつつも、まだ引継用のエクセル表作成に励んでいますのよ。

お宅のお嬢さんもお疲れ様でした。
前途多難でも、自分の人生犠牲にしてまで頑張る事も無いですからね。
お母さんが快く迎えてあげると、有り難いですね。
  • パルメット
  • 2010/06/06 6:13 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM