i f ・・・・・

  • 2006.05.07 Sunday
  • 12:20
たとえば


些細な日常会話でさえ理解し難いダンナに苛立って、
かのとふたり言葉の機銃掃射さえしなければ、とか

新幹線か近鉄か迷いながら、あの時新幹線を選んでいたら、とか

あの正月ライブさえ行っておいたら、とか

GWが輝いていたかもしれない人生の岐路(大袈裟、でも真剣)は色々あるけれど。


根本的な問題点をちゃんとしていかなくてはね。
その事に気付けたから、「今回の犠牲も無駄ではない」と思うようにします。


大阪の宴もタケナワな頃、かのが言った一言。

『やっぱり1/2にだれか一人コロシとけばよかった』(爆)

ねぇ〜〜〜、たまにはオトナの策略にも乗ってみるもんだよ。
コメント
そだね〜ワッハ上方行った日の言い訳。
娘が事故って(本当にバンパーこすったの)心配だから見てきます。
それが急用。
娘のところになんか行ってません。
メールで「お父さんに相談しろ」そして母は難波へ。

人生、そんな時があっていいのかも。

今日の梅田のRJイベ。
行った人からの詳細メール見るたび、行くべきだったと泣いているあたし。
  • ばうん
  • 2006/05/07 7:20 PM
オトナはこういう時のワル知恵にかけてはベテランだからね。
でも、私は23、4才のころ既に親戚の結婚式でっち上げて、
大阪までボブ・マーレー観に行ってたけど(^^ゞ

RJイベか・・・
かのももう少し早く例のブツの事を知っていたら、
「そ○う」とRJ掛け持ちで大阪行っていたとさ。
  • パルメット
  • 2006/05/07 9:31 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM