ラスト・コール

  • 2010.12.25 Saturday
  • 20:27
 コール・センターの仕事が今日で終りました。

3ヶ月前ここに入社した後も午前中を求職活動に充て、
フルタイムの事務職を探し続けてきましたが、
12月に入りバタバタと2社受かってしまい、
4年前と同じく、まさに 『ふたつめ来た〜〜』 状態です(笑)
それまでずっと履歴書返送が続いてきたのに、
タイミングと言うか・・・受かる時は受かるものですね。

結局、ふたつめの会社が勤務時間等など私の条件にピッタリで、
晴れてコール・センターを卒業することになりました

新しい会社が急募 (担当者が月末退社) だった為 、
コール・センターに在席のまま無理を言って休ませてもらい、
17日から引き継ぎを開始していました。
そして、今日付けで退社という事に。
さすがに最終日は退社準備の為に、午後からコールセンターに移動して、1週間振りに ’インカム’ 使いました(苦笑)

一応ノルマは無い会社ですが、
入社3ヶ月で1時間当たり「1.5件」のアポ獲得が努力目標になっています。
最近になって、なんとか目標をこなせる日が多くなってきて、
今日も最初の2時間で3件達成。
1週間ブランクが有った割にはノルマ達成でホッとしました。
毎時10分ずつの休憩を挟んで、その後1件増やし最後の1時間に。
ほんとうにこれで終りだと思ったら、急に寂しくなってきました。

「最後に不在ばかりで話せずに終わったら寂しいな・・」と考えながらも、実際は’そこそこ’話をして、
断られても’笑声’で気持ちよく電話を切り、
「まぁ、これ以上はアポ取れないでしょう」と満足していました。
が!!!
17時59分、結果として最後のコールになったお家で、
なぜかスイスイと気持ちよくアポを貰って、
私のインカム生活は終了しました 

以前受けに行ったアポインター会社では、
「この仕事には向いていない」と即答され、
現に入社後もつい最近まで悪戦苦闘した仕事で、
思い出に残る辞め方が出来るなんて、
信じられません(タイミング良かっただけ、と陰の声)
私は私なりに、頑張ったという事にしておきます。

この職場で3ヶ月。
1日4時間で、1ヶ月に25日は勤務していましたから、
その間に掛けた電話は15,000本以上、
実際に話をした人の数も6〜7,000人になりますかね(笑)
日本中 多種多様な人と話すなんて、
こんな経験普通では出来ませんしね。
これはこれで面白かったかも。

ほんとうにいろんな人に出会いました。
断られる人が大多数だったけど、
ユニークな断り方に笑っちゃうことも有ったし、
アポは貰えなくても、80,90歳の先輩に元気付けられた事も。
長崎の82歳になる女性からは、『あなたもあまり無理はしないでね』と、いま思い出してもウルッとする言葉も貰いました。
やっぱり一人暮らしのお年寄りは話し相手が嬉しいんでしょうね。
その心理が分かるから、言葉巧みにサギを働く人間も居るんだろうなぁ・・・

そして、勿論一番嬉しいのはアポを貰えた人。
もともと商品を気に入っていた人とは楽しい会話が出来たし、
私の説明で『じゃあ一度試してみましょうかね』
と言ってもらえた事もありましたね。
私、あまり話好きだとは思っていなかったけれど、
結構楽しんでいたみたいです(笑)

このコール・センターの前に居た会社(同種類)を辞めた時、
かなり自信喪失していました。
その後ここで頑張って、少しは自信も回復して、
卒業する事が出来たのは、
この半年求職活動してきた中でのいい思い出。

はやくも後輩が・・・・

  • 2010.10.06 Wednesday
  • 21:54

新しい仕事に就いて2週間経ちましたが、

既に私たちの後輩が入って来て、研修が始まっています(アセアセ)

求人誌によく書いてある 『業務好調につき大幅増員』 と言うヤツですな。

実践に入ってまだ10日だと言うのに、もう先輩ですかぁ・・・・・



研修中に小1時間電話しただけで以前の仕事との違いに戸惑った、

と前回書きましたが、その後すっかり馴染んでしまいましたよ(爆)

なにしろ2ヶ月前の「トラック事故対応」とは大違い。

どこの家庭にも身近な某マスコミ媒体の案内なので(苦笑)

電話の相手も企業から、個人宅の主婦に変わりました。

私は以前のキッチリトークの癖が "固い" と言われそうだけど、

会社相手の様に気を使ったトークも必要ないし、ほんと 楽だわ〜

まぁね・・・・・実際10本中7.8本は断られる仕事だけど、

たまにスゴクいいお客さんとの出会いが有って、

それで嫌な電話はチャラになるって感じですかね(笑)


事故対応の時に研修してもらったプロのMCさんが、

『いつも笑声で話しているから、クレームで怒られてもヘラヘラしてて自分でも呆れる』

と言っていましたが、私も何故か知れず笑顔で話しています。

断られても、愛想いい声で 『ではまた機会がございましたらお願いいたします〜』

と言ってると、相手も 「あ〜はいはい」 な感じで、気持ちよく電話が切れるんですよねぇ。

笑顔で話していると、口角が上がって美人になるオマケまでついて来るみたいですよ〜〜

仕事観

  • 2010.09.25 Saturday
  • 20:10
新しい仕事が始まり、4日間の研修が終わりました。

前半2日間はビッシリと商品知識を教え込まれ、3日目からスクリプト読み。
最終日には早くも実践に突入しました。

オペレーターの仕事って、いくら研修に時間掛けても、結局は実践の場数なんですよね〜

「笑声」といって口角を上げて話すと明るく聞こえるんですが、そう言った発声の基礎は前の会社で教え込まれたので、少しは余裕なんですけどね。(因みに今回の研修では発声無かったな)

一概にオペレーターと言っても「受電」と「架電」更には扱う商品の違いでもモチベーションが全く違いますね。

前は「事故対応」の受電だったから、故障で困っているドライバーさんのサポートって事にやり甲斐が有った。

更に5月まで4年以上勤めていた会社では、取引先に電話して社名を名乗っただけで「あっ、ま○○さん?」って言われる位良い関係を作っていたので…
大袈裟に言えば、「寄って立つ場所」が有った。

それと比べて(比べちゃいけないんだろうけど)知らない土地 知らない人に次々とかけて行くのは、まるで大海にひとりきりで放り込まれた様な戸惑いを覚えました。
僅か1時間足らずで、自分が根無し草になったような気がします。
これも慣れで少しは緩和されるんでしょうけど。

アメブロで知り合った人生の先輩さんから、日本の経済現状では「妥協と辛抱しかないのでは」とアドバイス頂いたし、
仕事は仕事と割り切って、終業後はちゃんと自分を取り戻す時間を持ちなさいとも。

根本的な仕事観も、毎日の生活リズムも、
どちらも、切り替えられる様にしていかないとね。

長い戦いでした

  • 2010.09.11 Saturday
  • 18:55

3ヶ月以上も苦戦しましたが、
やっと就職先が決まりました!!!!


就活を始めて1ヶ月足らずでコールセンターに入れたものの、
本心ではどうしても事務職への夢が捨て切れずにいました。

そこはとてもアットホームでいい会社でしたし、
仕事が難しいだけに当然収入も結構な金額になる筈でしたが、
オペレーターに徹し切れず、
「時給は安くてもやはり事務で頑張ろう」と先月末で辞めてしまったのです。

それからの10日間と言ったら・・・・まさになりふり構わず(苦笑)
職務経歴を生かせるネット通販から、お布団のアポインターまで・・・
1週間に行った面接は過去最高の5社でした。
交通費を浮かせる為、何度も面接のハシゴもしました。
でも尽く不採用。
面接官から、私には「アポインターは向いていない」とも言われました。
即効コールセンターを辞めた事を後悔しまくりました。

それまで個人面接しか経験無かったけれど、
ここに来てテレアポの集団面接で同年代の人と一緒になり、
皆さん本当に苦戦している事も判ってきました。

社会全体が就職難のために、
好景気の時代なら若い子が来なかったような会社にも、
レベルを下げた20代が応募してくるから、
当然年齢順に押し出されているんですよね。
「複数の資格を持っていても、今は4・50代に事務職は無理みたいよ」
昨日顔見知りの人に言われました。
彼女も会計事務所を辞めてから、仕事が見つからない様子でした。

何十社も不合格が続くと、自分が何も出来ないような気になってしまいます。
でも、事務職に採用されない理由が私個人のスキル不足なだけじゃないなと思ったら、もうそんなに拘ることも無いような、ちょっと楽な気分になりまして。
昨日エントリーしていた別会社のオペレーターの面接には気合を入れて臨みました。

ここもノルマとか強制されない所なので何とか入りたいと思いましたが、
幸いな事に面接で架電内容のスクリプトを読まされました。
曲がりなりにもコールセンターで2か月話していた経験が生かされる事に。
前のセンターにはアナウンサー学校でMCの講師もされている方がいて、
基本をしっかり教えていただいた事が有り難かったです。

面接はいい雰囲気でしたがなにしろ過去に苦い経験も多く、
感触から結果を判断する事はまったく出来ません。
だから今日結果の電話を貰うまで、なるべくその事を考えないようにしていました。
『心を無にする』 って難しいですね。

今朝も11時に予約した面接に間に合わせ急いでいる時に、
結果の電話を貰いました。
「こんな路上でまた不合格の通知を聞いたら辛いな」
一瞬嫌な思い出が頭をかすめましたが、聞こえてきたのは若い女性の明るい声。
この雰囲気なら・・・と思う間に、採用の言葉を頂きました。
本当に有り難くて、お礼がちょっと涙声に。
入社時の連絡事項を聞いて、21日から4日間の研修と伝えられました。
来週はちょっとのんびりして、新しい職場に備えます。


もう二度と自分からチャンスを手放す事はしない。
やっと、精神的安定を得る事が出来るようです。

駆け出しですが・・・

  • 2010.07.29 Thursday
  • 14:25
何かと問題の多かった前職を辞めて2ヶ月近く経ちました。
残業続きでお疲れだったとは言え、月当たり最多で200時間以上仕事していたので、
新しい仕事が見つかっても、収入激減するのも困るんです。
(だって、雇用保険も無かったのでいきなり無収入ですし)

てな訳で、パートながらもフルタイム希望なのですが、
この不景気では1日4〜5時間、週の内3日程度でイイよ〜なんて条件の会社がザラ。
(もっとも経理は大概仕事が少ないもんだけどね)
何とか長時間歓迎のパート求人を探してはトライしますが、
ここに立ちはだかる年齢の壁 

年を聞いただけで即”応募却下”の会社に出くわす度に空しくなります。

50過ぎたら事務職なんて無理だってか?????
そんじゃあ、私の年でやれるのはどんな仕事なんだよ???
と自棄気味に、いわばテレオペの求人にも何件か応募してみました。

実は、10数年前ほんの1ヶ月程その手の仕事していまして。
が・・・その会社自体余り仕事が無く(苦笑)
テレフォンショッピング受付とネット回線(当時まだADSLだったな)のご案内、
要するに、インバウンド・アウトバウンド 各1回やっただけで終わってしまいました(爆)
もともとその手の仕事に抵抗があったので、フェイドアウトで構わなかったんですけどね。
今回はとにかく収入を確保したいと、贅沢言ってられません。
(数ある求人の中から、余り”アポインター然としていない会社”を選びましたけど・・・)

ところが・・・「テレオペ経験やや有り」を売りに応募してみても、撃沈
数社受けて1ヶ月前にやっと採用の会社に出会えました

ここは既存のユーザーさん相手のやり取りなので押し売り的なことは無いし、
いまはテレオペと言っても、会話の内容を要領よくPCにまとめなければいけないので、
専用ソフトの使い方も含め、なかなかどうして大変な仕事です

2週間の研修を経て、先週から実戦デビューしました(笑)
仕事の性格上、平日19〜21時と日曜のお昼勤務で、
取り敢えず週に10時間ほど入っています。
今回新規業務の為の増員で採用されたので、今週から本格稼動。
立ち上げ早々で、社長以下毎日バタバタしています。

私自身も駆け出しなので、電話の途中で言葉に詰まってしまったり、
お客さんに心配してもらったり(苦笑)
実際に取った電話も10本に満たないけれど、
少しずつではありますが、ほんとに少しずつ「なんとかやって行けるかな・・・」と思えるようになって来ました。
(また複雑な事例に出くわすとペシャンとなるだろうけど)


ぶっちゃけ最初は、フルタイムの仕事が見つかるまでの繋ぎのつもりでした。
次第に・・・・短時間の仕事を別に見つけて、Wワークでもいいかと思うようになり。
更に、今は入っていないお昼のアウトバウンドにも入れる雰囲気になって来て。
正直助かります。
まだフルタイムの求職中ではありますが、
このまま、この会社でフルタイムになってもいいなと思い始めています。

なにより、雰囲気が良いんですよね この会社。
求人記事の中で「和気藹々と」って有ったけど、
過剰広告ではなく、本当に楽しかった。
新人さんでも名前で呼ばれちゃって、
若い子だけじゃなく私まで「さ○○ちゃん」って呼ばれてます
前職がピリピリしていただけに、本当に嬉しい。

求職活動が思うように進まず退職した事を悔やんだ時もありましたが、
やっと明るさが見えてきたかなと思える今日この頃です。

ラッシュ

  • 2010.06.24 Thursday
  • 22:05
 求人応募に対しての不採用通知がラッシュです。

これはと思った求人にはある意味"無節操"に応募してるから、
当然不採用件数も多くなる訳ではありますが(苦笑)

今日は履歴書返送1件、電話での連絡2件
と、今シーズン中最悪な成績でした。
1日に3社も断られると、流石に凹みます。

某サイトの就活スレでは、
履歴書に同封されてくる通知書の事を、『お祈り』と呼ぶらしいのですが。
最近の文面には、不採用名物の
『今後のご活躍をお祈りいたします』
と言う文言も書かれていなかったりしますね。
余りに応募者が多すぎて、お祈りする余裕も無いという事でしょうか。

なにしろ、好条件の求人では初日だけで30人超えの応募が有るらしいから。
出遅れてWEB応募した私は選考対象外のお断りが来たり。
あっ!!
今日の不採用合計4件って事か。

そうかと思えば、WEBでの選考をパスしていざ面接に臨んだのに、
いきなりノーパソでEXCELのVLOOKUPを使うテストされたりね(泣)
それって中級レベルでそ。
担当者さん曰く、「色々試してみてください」
私もあっさり負けを認めるのは悔しいからあちこちクリックしてみたけど、
どうにも出来ませんでしたよっ。

勿論求人の中で「VLOOKUP」が必須とうたっている会社も有って、
そこは時給高かったし。
所謂”表計算”だから、レベル高くて私は無理と思ってたのに。

私が実際面接に進んだ某コンビニ事務所は時給850円也、
ワード・エクセルが触れればOKの筈だったけどなぁ。
ふたを開ければ、よもやの”表計算”(泣)
求人のうたい文句には「これから覚える気があれば大丈夫」
となっているけど、教える手間より即戦力を選ぶわな、そりゃ。
ち〜〜ん、また『お祈り』コレクションが増えそうだ。

仕事させろ〜〜

  • 2010.06.22 Tuesday
  • 17:38
求職活動3週目に突入です。
今日も午前中に1社面接を受けてきました。
結果待ちまでの約1週間が長〜〜いです(苦笑)

1週間待った挙句、不採用の可能性の方が大きいので、
その間手をこまねいている訳にはいきません。
当然同時に複数の会社に応募しますよね。

今日行った会社ではその事を尋ねられ、
正直に他にも応募している事を話しちゃったけど、
やっぱりまずかったかな・・・・・
だって、ウソつくのも嫌だったし。
『本来だったら結果が出るまでお待ちするのが筋でしょうが・・・』
と誠意を込めて話しておきました。
ま、一応ね、今日の会社は掛け持ちOKの所だったから、
空いた時間のサブ候補として同時に探していると言ったんだけど(苦笑)
みんな重複して探してる事は、暗黙の了解ですよね。


それにしても、
平日の昼間に在宅するのが新鮮に思えたのは、
辞めてからほんの数日でした。
前職が日平均7〜8時間勤務の仕事で、
パソのデータファイル奥深〜〜くに潜行する毎日だっただけに。
今みたいに何もしない日々が続くと、
脳細胞がプチプチ音を立てながら消えて行きそうです(苦笑)
スーパーに行っても、通り掛かりの会社にチラッと目が行っても、
みんな仕事しているのに。
私だけ、これはヤバイなぁ〜。
仕事させてくれ!!!!


更に更に、前の会社からは今も電話有り。
一連の請求業務の流れからしたら、
1ヶ月は判らない事だらけだと思うから、
電話来るのも仕方ないんだけどねぇ。

でも、朝に夕に掛かってくる電話に対して、
『お疲れ様です』、って普通に挨拶していると、
辞めた気がしないじゃないですか。
ちょっとケガか何かで休んでいるだけの人みたい。
でもって、問合せの内容もパソの画面に沿って説明してあげるんだけど、
当然私の目の前には同じ画面は無い訳で。
もう記憶だけが頼り。
なんだかサポートデスクの仕事しているみたいですよ。
そして妙に生き生きと説明してる自分(苦笑)

こんな日が続いて、
自分がいかにあの仕事に遣り甲斐を感じていたか、
今更ながらに気付く。
過去に辞めた仕事でこんなに未練を感じた事はありません。

ほら、また掛かってきたよ〜〜
(ここで10数分の電話説明)

新しい仕事が見付かって、
きっぱり別の生活が始まれば良いんだけど。
今の状態はまさに”蛇の生殺し”
まさか、辞めてからもこんなに苦しめられるとは思わなかったよ。
とほほほ・・・・

就活突入

  • 2010.06.10 Thursday
  • 13:36
仕事に出掛けなくなって4日経ち、
毎日職探しに明け暮れています。

先週まで働いていた会社に入ったのが4年前。
この間に就活方法も随分変わって来ました。

4年前、求人情報を得るのは主に無料の求人誌でしたが、
今は同じ情報がネットで即日上がってくるんですよね。
(私が利用していないだけで、4年前も既に有ったサービスかも・・・)

実際に紙面を手に取る前にネットで見れるだけに、
応募する人たちの行動の早い事!!!!

特に就職難の昨今は、
いかに早く良い求人を見つけるかが第一関門ですね。
久し振りに就活戦線に復帰した私は完全に出遅れています(苦笑)

まぁ、たとえ良さそうな求人を見つけても、
年齢とか様々なリスクですんなりと面接にはたどり着けませんが・・・・

加えて、辞めた筈の元会社からは、
未だに仕事上の質問電話が掛かって来ます。

上司が「引継ぎは完全じゃなくても良いから」と
わずか5日間で首にしてくれたお陰で元々引継時間も短かったのに、
その間も皆忙しくてほとんど説明なんか出来なかった。

そんな訳で・・・・
退職1日目には同僚4人から合計10本の問合せ(爆)
いや、笑い事では済まされません。
私自身も就活の為あちこちに電話したいのに。
全く迷惑な話です。

円満退社

  • 2010.05.30 Sunday
  • 18:01
 先週木曜日に円満退社が決まりました

先回のブログを書いた後、退社の意思を固めたのですが、
月曜からずっと話を切り出しかね、
仕事自体のプレッシャーも加わって出勤時の苦痛も日増しに酷くなっていました。

引越し後の事務所はBottom Lineのある今池でバス乗り換えなんだけど、
降りずに終点の千種駅まで行っちゃいたい。
更に千種から中央線に乗って、フラッとどこかに行ってしまいたい。
でも実際にはちゃんとバスを乗り換えて、重い足取りで出社。
こんな感じで数日が過ぎました。
木曜の朝には「仕事中いつ泣き出すかも知れない」
そんなふうに感じる、切羽詰った状態でした。

「もう限界」という私の気分が伝わったんでしょうか。
木曜の終業後上司から呼ばれ、
今しかチャンスは無いと、自分から話を切り出しました。

”今まで色々な仕事をやらせてもらい、遣り甲斐も有ったけど、
この1年くらい精神的パワーが追いつかなくなった”
と、そんな事を話し、
上司からも「新しい仕事でも毎回ちゃんとこなしてくれたし」
と認めてもらっている旨の言葉を貰いました。

以前から私が感じていた「この職場は攻めの姿勢でないとやって行けない」
という言葉にも同感してくれましたし。

私自身も「仕事について行けなくて辞める」訳じゃないし、
色々と達成感も味わう事が出来た職場なんで、
少しは自分に付いた自信をお土産に貰っていこうかと思います。

最初はね・・・
退社を引き止められないように仮病とか引越しとか・・・
話を切り出すまでは退社の口実をアレコレ考えていたのです。

でも実際には姑息な手を使わずに、
私の本当の気持ちを伝えて理解してもらえたのが本当に嬉しかった。

現実には次の就活も待っているし、浮かれている場合ではないのでしょうけれど(苦笑)
すっかり気持ちが軽くなった事は確かです。

さぁて、職探し頑張るぞ〜〜

そろそろ…

  • 2010.05.24 Monday
  • 03:10
今の仕事を辞めたいと、1年以上前から迷ってきた。

迷わなければ、とっくに辞めている。
'逃げ'は悔しいとか、
世の中そんなに甘くないとか…

怯む心をなんとか騙し騙し、頑張ってきた。

仕事に対する見方を変えて、負担に感じる気持ちを軽くしようともした。

時々はこのまま続けて行けそうな気もするけど、
どこまで耐えられるか、時間の問題な気もする。

結局、経営難で人件費を削減したい会社側の実状も判るし、
それだからと言って増え続ける仕事の負担に対して頑張りも限界があるって事。

少数精鋭なんて聞こえは良いけど、
あれもこれも押し付けられて。
他部門の若い男の子も仕事丸投げされて、パンクして辞めていった。

同僚には振られない経理やその他の仕事が増える度に、"期待されている"っていう満足感で頑張ってきたけれど。

結局は上司の強調する「成果主義」に失望した。

同僚は余分な仕事が無いから一定の注文数をこなしている上に、
家庭第一で欠勤・早退が多い=会社側の望む'短時間の給料'で済む訳だ。
会社側としては、都合が良いんだよね。

私が余分な時間を取られている経理とか、
数字に現れないいわば非生産的な部分は評価されない。
それどころか、更に時短を迫られている。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM